最初の起動とフォルダの説明

 最初の起動

最初に MOONBASE を起動した際に MoonBase フォルダを作成する場所を確認するダイアログが表示されます。

デフォルトはユーザのホームフォルダです。

注意:

現在のバージョンではこのダイアログで「キャンセル」をクリックしても、デフォルトの場所に MoonBase フォルダを作って何事もなかったかの様に起動してしまいます。

 フォルダの説明

MOONBASE は必要なデータを MoonBase フォルダの中に保存して動作します。
また、この MoonBase フォルダにユーザが作成したシールプロジェクトも保存されます。

フォルダ構成は以下のようになります。

それぞれのフォルダの役割は以下の通りです。

  • Backup
    enchantMOON データバックアップアプリケーション「BackupMOON」で作成したバックアップデータを入れるフォルダです。
    バックアップデータをこのフォルダに入れておくと、MOONBASE でその内容をブラウズできるようになります。

    「BackupMOON」アプリのバックアップ場所を MoonBase/Backup することを想定したフォルダです。
     
  • Html
    作成したシールを *.moon.zip 形式にした後に保存するフォルダです。
    内蔵 http サーバはこのフォルダ内のリストを表示します。

    が、html を用意していないので enchantMOON から見ると黒地に青文字でリンクが非常に見辛いです。

    この部分は早急にどうにかしたいと思っています。
     

  • Template
    テンプレートを入れておくフォルダです。
    デフォルトでは simpleSticker 1つしか入っていません。

    テンプレートはユーザが各人で増やすことができます。

    • テンプレートを自分で増やす方法
      テンプレートは Template フォルダ内にテンプレート名をフォルダ名にしたフォルダをコピーすることで作成できます。
      新規シール作成時にテンプレートポップアップメニューに表示されるのは、テンプレートのフォルダ名です。

     

  • Workspace
    シールプロジェクトが保存されるフォルダです。
    このフォルダ内に入っているシールプロジェクトフォルダがサイドバーに表示されます。

    シールプロジェクトフォルダ内には基本的にはシールに必要なファイルのみが保存されていますが、例外的に以下のファイルを MOONBASE が作成して保存します。

    • シールプロジェクト名_thumbnail.png
    • .stickerProperty.plist
       

    それぞれ、サムネイル画像とそのシールプロジェクトの設定を保存するファイルです。
    これらのファイルは *.moon.zip ファイル作成時には、zip ファイルから削除されます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>