WindowsPCに「コンテンツ管理アシスタント」(Content Manager Assistant for PlayStation)をインストールする方法

PS VITA と Windows PC を接続するには専用のソフトウェア「Content Manager Assistant for PlayStation」(コンテンツ管理アシスタント)をインストールしておく必要があります。

これは Windows XP SP3, Vista SP2, Windows 7 SP1 で利用できるソフトウェアで、以下の機能があります。

  • セーブデータやアプリケーションデータ(ゲームのデータ)のバックアップ
  • ビデオ/音楽/画像のコピー
  • システムデータのバックアップ
  • PS VITAのシステムアップデート

PS VITA に動画(ビデオ)を転送するには、このソフトウェアをインストールした Windows PC が必要になります。

  「Content Manager Assistant for PlayStation」のインストール方法
  1. Windows PC で「Content Manager Assistant for PlayStation」のページを開き「最新版ダウンロード(Windows)」をクリック
    • 「Content Manager Assistant for PlayStation」のページはコチラ。



     

  2. 表示されるダイアログで「実行」をクリック

     

  3. 表示されるダイアログで「実行する」をクリック

     
  4. 言語を選択するダイアログで「日本語」が選択されている事を確認して「OK」をクリック

     
  5. インストーラ画面で「次へ」をクリック

     
  6. 「使用許諾契約書」を読んで「使用許諾契約の条項に同意します」をチェックして「インストール」をクリック

     
  7. インストールが終わったら「完了」をクリック
    ここで「フォト」「ビデオ」「ミュージック」「アプリケーション/バックアップファイル」それぞれを保存するフォルダを選択する事ができますが、特に必要がない場合はそのままで問題ありません。
    また、このフォルダはインストールが終わってから設定し直す事も可能です。

     
  8. データベースの作成が終わったら「OK」をクリック
    これで PS VITA を接続して Windows PC とデータのやり取りができるようになりました!
  「Content Manager Assistant for PlayStation」の動作の確認

「Content Manager Assistant for PlayStation」が動作しているかどうかは、タスクトレイにアイコンがあるかどうかで確認が可能です。
名称は「コンテンツ管理アシスタント」となっています。

このアイコンがあれば「Content Manager Assistant for PlayStation」(コンテンツ管理アシスタント)が動作しています。

また、このアイコンから「設定…」メニューを選択すると下図のダイアログが表示され、各種フォルダの設定とデータベースの初期化を行う事ができます。

接続ができるようになったら、早速動画(ビデオ)を PS VITA に転送してみましょう!
転送方法はコチラで説明しています。

WindowsPCに「コンテンツ管理アシスタント」(Content Manager Assistant for PlayStation)をインストールする方法 への2件のコメント

  1. まる より:

    コンテンツ管理アシスタントをインストールしようとして、インストールを押しても、半分で止まってしまい、インストールが完了できません。どうしたらインストールできますか?

    • paraches より:

      こんにちは、

      さすがに私はエスパーでないのでこれだけの情報だと何も答えられませんが、例えば裏で何かの入力を求めるダイアログが出ていたり、もしくは管理者権限でないとインストールできなかったり、そんな理由があるかもしれませんね。

      インストール方法は下記のアドレスにもあるので、一度そちらもじっくり読んでみると良いかもしれません。
      http://cma.dl.playstation.net/cma/win/jp/index.html

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>