iPhone を水没させてしまった時の修理等

8月の末に自分でも iPhone4 を水没させてしまったのだけど、更に最近になって周りで水没させている友人が出ている。iPhone 人口が増えているからなのか? それとも iPhone4 が水没し易いのか? それはわからないけど「iPhone4 水没」で検索すると結構な数がヒットする。

でも、それをまとめた記事が見つからなかったので、万が一 iPhone を水没させてしまった場合の対処方法をまとめてみた。

 このページは「紛失、修理等、困ったときのiPhone情報」という iPhoneの各種トラブルをまとめた情報ページの一部です。

 

  iPhone を水没させた時に最初にすること

iPhone を水没させたからといって「壊れた〜」と諦めてはいけません。事後の対処をしっかり行えば復活する可能性もあります。

  1. まずは落ち着いて水から救い上げる!
    これは誰もが行うと思います。トイレに落としても皆さん躊躇なく救い出しているようです。私の場合は洗濯だったのですが、すぐに洗濯機を止めて洗剤で泡だらけのズボンから救出しました。
    ただ、夜の海で流されてしまったという方はさすがに身の危険を感じて諦めたようです…。
     
  2. 本体は振らない!
    まだ水が入っていない場所にまで水を入れてしまうことになるかもしれません。本体を振って内部の水を外に出そうと反射的に振ってしまいたくなりますが、ここは我慢!
     
  3. 本体の電源を入れない
    水に沈んで行く途中で iPhone の電源はオフになっているはずです。万が一 iPhone の電源が落ちていない場合も、速やかに電源を切った方が良いです。この後の作業で本体内部で水が移動して重大なダメージを与える事になるかもしれないからです。
     
  4. まずは本体外装等の水分を拭き取る(吸い取る)
    ティッシュや綿棒等で本体外装およびイヤホンジャックと Dockコネクタの水分を拭き(吸い)取りましょう。iPhone4 では水没センサーの位置が違っていますが、なにはともあれこれらの場所の見える水滴をしっかりと拭き取りましょう。
     
  5. とにかく乾燥させる
    iPhone を水没させた時間帯にもよりますが、乾燥剤を用意してジップロック等のビニール袋に一緒に入れてとにかく iPhone を乾燥させます。
    ただ、時間帯や場所によっては乾燥剤とジップロックが用意できない場合は、以下のような代替案もあるようです。

    • 米の袋に詰める(お米が湿気を吸収してくれるそうです。)
    • ドライヤーで乾かす(熱くなり過ぎない様に!)
    • ティッシュでくるむ(なんだかんだいって、毛細管現象でじわ〜っと滲み出てくる水を吸い取ってくれるみたいです。)

     
    無事、乾燥剤とジップロックを入手できた場合、少し暖かめ位の温度に保つとより吸湿されるようです。また、できれば iPhone 本体と乾燥剤を直接触れさせるのは辞めた方が良いみたいです。
     

  6. 乾燥をひたすら待つ!
    後は乾燥をひたすら待つだけです。私の検索してみた限りでは、復活した人の復活までの平均日数は 2.6日です。やはり 3日間はおとなしく待った方が良いのではないでしょうか? 途中、ちょっと見てみようなんて電源を入れたりしてはなるべく避けた方が良いでしょう。
  iPhone が水没から復活しなかった時にする事

さて、3日間、4日間、5日間、ひたすら乾燥をさせたけど復活しなかった!という場合、次にどうすれば良いのか? これには大きく分けて 2つの手段があります。

  •   Appleに修理を依頼する

    iPhone 用の AppleCare 商品として、AppleCare+ for iPhone というサービスが始まりました。このサービスに加入しているかどうかで明暗が分かれます…。

    • AppleCare+ for iPhone に加入している場合
      Appleへ電話すればさっくり解決です。
      AppleCare+ for iPhone に加入している場合は、ハードウェア製品保証が購入後2年間に延長され、操作上の不慮の事故に対する修理などのサービスを、1回につき4,400円のサービス料で最大2回まで受けることができます。

    •  

    • SoftBank の安心保証パック(i) に入っている場合
      SoftBank の安心保証パック(i) では、修理そのものはApple経由で行います。
      その後、請求明細書を用意して SoftBank へ修理代金の還元申請を行いましょう!

     
    残念ながら AppleCare+ for iPhone に加入していない場合は、住んでいる場所で更に手順がわかれる様です。

    • 近所にアップルストアがある場合
      ジーニアスバーを予約して iPhone を持ち込みましょう。水没した旨を告げるとすぐに交換してもらえます。お値段 22,800円。
        ・Appleジーニアスバー(予約ページ
    •  

    • 近所にアップルストアがない場合
      サポートへ連絡して iPhone を送る手続きをします。宅配業者が iPhone を受け取りに来てくれて、iPhone の代わりに受け取り票を置いて行ってくれます。で、後で新しい iPhone が到着するようです。お値段 22,800円。(送料はどうなるのか???)
        ・Apple オンライン修理サービスページ
  •  

  •   修理業者へ持ち込む

    もしかしたら交換までしなくとも、ちょっとした修理で済むかもしれない!と言う場合は修理業者へ持ち込むという選択肢もあります。
    その場合、お値段がどれだけ安くなるのかわかりませんが(症状によってはAppleより高くなる場合もある様です)、修理に要する時間などを考慮して修理業者に頼るという選択もありでしょう。

 その他の情報

その他、修理等に関する情報です。

他にも復活の為の有用な方法や修理業者の情報等ありましたら、教えてください!

iPhone を水没させてしまった時の修理等 への5件のコメント

  1. リンクありがとうございます!

    今なら2011年3月31日(木)20時受付分まで
    基本料金無し(修理不可だった場合は無料)で修理してます!

    もし今、丁度困ってる!という場合はお問合せくださいね!
    詳細はスタッフブログをご確認くださーい。

  2. 通りすがり より:

    Appleの修理工場が判断した「汚水」の場合、修理受付できません。
    Apple定義の「本体がバラバラになるほどの壊滅的な損傷や不正改造による機能障害などがある場合」と同じ扱いになります。
    トイレ関係、コーヒーは完全にアウトです。
    例えばExpress交換Serviceで修理した場合はクレジットカードを登録しますが、そのクレジットカードから本体価格との差額が引き落とされるそうです。
    リンクページの価格表の下に明記されている内容がそれに当たります。

    《以下、引用》
    ほかにも何か料金がかかりますか?
    お客様の iPhone が保証対象外 (OOW) 修理サービスの対象にならないと判断された場合は差額料金をご負担いただくことになります。差額料金とは、新品の iPhone の交換機代金から保証対象外 (OOW) 修理サービス料金を差し引いた金額で、サービスお申し込み時にお支払いいただくエクスプレス交換サービス料金や保証対象外 (OOW) 修理サービス料金に上乗せする形でお支払いいただくことになります。

    本体がバラバラになるほどの致命的な損傷や不正改造による機能障害などがある場合は、保証対象外 (OOW) 修理サービスの対象にはなりません。詳しくは Apple 修理規約をご覧ください。液体浸入インジケータの状態を確認するにはこちらの記事を参照してください。

  3. 通りすがり より:

    余談ですが、本文に送料の心配がありますよね。
    どの修理でも、送料はApple負担です。修理代金の中に入っているのかもしれません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>